ゆとりを追い求めて

2008年07月06日

猫に小判じゃなくてワクチン

猫は野良猫や捨て、そして血統書付きのブランド、いろんながいます。そういう数ある猫ちゃんですがペットとして飼った事はありますか? と人間の関係はとても古く、エジプト時代には既にを飼うといった習慣もあったようです。猫の形をした神様まで残っておりますよ。 は見た目やその仕草がとても可愛らしい動物ですよね。しかしペットとして一緒に暮らすとなるとどれ程費用が掛かるでしょう?



猫を完全室内飼いで外に出さない場合、他に犬などを飼ってないような場合は3種混合ワクチンで十分だと思います。ワクチンの種類が増えるとかなり高額になって来ますからね。 の3種混合ワクチンの中身ですが、それはウイルス性鼻気管炎、猫カリシウイルス感染症、猫汎白血球減少症、とこの3つになります。 のワクチンですが、生後3ヶ月までに初回のワクチン接種をしておきましょう。その次は一ヵ月後です。そして翌年からは年に一回でいいです。


大体この3種混合ワクチンで獣医さんによって違いますけど5千円から8千円程度になります。そしてを飼うには勿論餌代も掛かります。 餌代なんて安いフードで十分!なんて思っていたらそれは間違いですね。安いのは添加物や香料などが多く、腎臓や肝臓が小さいに取って負荷が掛かり過ぎなのです。 安いフードでは始めは大丈夫だと思いますけど、数年後にどんな病気が出て来るか分かりません。苦しむも可哀想ですし、飼い主も家計は苦しくなる。そんな事になるよりも、始めから良いフードをあげておけばずっと健康で楽しい毎日が過ごせると言うものですよね。

ラベル:ねこ ワクチン
posted by jyuichi at 18:09| 兵庫 ☁| Comment(45) | TrackBack(0) | 犬と猫と私 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月18日

犬が嫌いだなんて信じられない

犬を飼いたくなる時って、どんな時ですか? 誰かが、可愛い犬を連れているのを見ると、自分もを飼いたいな、と思う人は多いと思います。 また、ペットショップのチラシに載っている子が、とても可愛くて、自分もを飼おうと、決心する人もいることでしょう。



また、犬は家族の一員なので、どこへだって一緒に行きます。 近頃は、愛犬家に理解を示してくれる人たちが増え、犬を受け入れてくれるホテルやペンションがあるので、連れの旅行に心配がなくなりました。 ただ、犬が好きな人は、あまり意識していないことなのですが、世の中には、犬が怖くて、が嫌いな人がいます。


しっかりリードにつながれているでも、に恐怖を覚えている人は、その側を通る時、身体が強張ってしまうのです。 また、自分が買い物をしている間、を、店の入り口付近につないでいる人がいますが、犬が怖くて苦手な人にとって、これは困った事態です。 世の中の人は、犬を好きな人ばかりではないのです。犬を飼う人は、が苦手な人の気持も、わかってあげて下さいね。

ラベル:愛犬 室内犬
posted by jyuichi at 22:43| 兵庫 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 犬と猫と私 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月24日

面接だと気負うから緊張する

面接を受ける時って、とても緊張しますよね。 中には、面接が大好き、という人もいるかもしれませんが、ほとんどの人は、面接なんて大嫌いと思っているのではないでしょうか。 でも、進学や就職などの人生の節目に、面接は付いて回るので、この世に生きている限り、面接を避けることは難しいと思います。



面接の時に、自分の意見をきちんと話すためには、常日頃から、そのような話し方を心がける必要があります。 人と話をするのが苦手という人は、そのような態度が、面接の時に出てしまう可能性がありますので、なるべく人と話ができるように努めましょう。 人前で話す機会があったら、遠慮せず、積極的にそれを利用してみましょう。スピーチは、面接の練習に最適です。


続きを読む
ラベル:対面 面談 面接
posted by jyuichi at 18:08| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学受験と面接 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月19日

勉強と思うからつらい英語

英会話を学習するのに、年齢制限はなく、小さい子供から定年退職した大人まで、皆が楽しんで学習しているということは、この人気の高さを裏付けるというものです。 いろいろな年齢層、職業層のニーズに応え、今や駅前やショッピング・センター街など、さまざまなところに英会話学校が建設され、会社帰り、買い物ついでに気軽に通えるようになっています。 日本人がこれほどまでに、英会話習得に熱心になる裏には、いったいどういう事情があるのでしょうか。



では、みんなが通う人気の英会話学校に通えば、すぐに英会話が上達するようになるのかと言えば、それほど簡単に結果はついてくるものではありません。 会話とは意思疎通の手段であるため、これを使って話す自分の意見をしっかり持たなくては英会話に限らず、日本語会話も楽しむこととができません。 何を話したいかという目的がなく、ただ英会話ができるようになりたいというのでは、英会話の早期向上は望めないことは確かです。


続きを読む
posted by jyuichi at 08:41| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学受験と英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月04日

一流大学目指して小学生から進学塾

昔から、わが国で親たちの進学塾への「期待」がきわめて高いという点については、今でもまったく変わらないといえます。 親が、わが子を小さいうちから進学塾にしっかりと通わせるという行為は、ずっと以前から、すでに日常化していることです。 というわけで、たくさんの小学生たちを相手にして中学受験の対策をする進学塾も多く、かなりのにぎわいを見せています。



ですが、「そんなに幼い頃から進学塾に通わせないほうが将来子供のためになるのだ」とする声も、非常に多いみたいです。 というのは、進学塾になど行かせないで幼い子供は縛り付けないで育てるべきであって、勉強を早期に詰め込むべきではないというのです。 そしてそんなに小さいうちから進学塾に通うことは、子供の健全な発達の妨げとなってしまい、かえって子供の将来に悪影響だという意見です。


そこで思うに、進学塾の存在それ自体についての「善か悪か」という議論をしても、それは仕方がないことなのではないでしょうか。 重要なことはその子の個性を親がしっかり見て、進学塾との関わり方をきちんと決め、どう利用するのかを考えるべきなのです。 結局、進学塾の「メリット」を最大限にうまく生かせるかどうかについては、それぞれの親の力量に大きくかかっているといえるのです。

大学受験続きを読む
posted by jyuichi at 15:08| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学受験と教師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。