ゆとりを追い求めて

2008年04月19日

勉強と思うからつらい英語

英会話を学習するのに、年齢制限はなく、小さい子供から定年退職した大人まで、皆が楽しんで学習しているということは、この人気の高さを裏付けるというものです。 いろいろな年齢層、職業層のニーズに応え、今や駅前やショッピング・センター街など、さまざまなところに英会話学校が建設され、会社帰り、買い物ついでに気軽に通えるようになっています。 日本人がこれほどまでに、英会話習得に熱心になる裏には、いったいどういう事情があるのでしょうか。



では、みんなが通う人気の英会話学校に通えば、すぐに英会話が上達するようになるのかと言えば、それほど簡単に結果はついてくるものではありません。 会話とは意思疎通の手段であるため、これを使って話す自分の意見をしっかり持たなくては英会話に限らず、日本語会話も楽しむこととができません。 何を話したいかという目的がなく、ただ英会話ができるようになりたいというのでは、英会話の早期向上は望めないことは確かです。


続きを読む
posted by jyuichi at 08:41| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学受験と英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月04日

一流大学目指して小学生から進学塾

昔から、わが国で親たちの進学塾への「期待」がきわめて高いという点については、今でもまったく変わらないといえます。 親が、わが子を小さいうちから進学塾にしっかりと通わせるという行為は、ずっと以前から、すでに日常化していることです。 というわけで、たくさんの小学生たちを相手にして中学受験の対策をする進学塾も多く、かなりのにぎわいを見せています。



ですが、「そんなに幼い頃から進学塾に通わせないほうが将来子供のためになるのだ」とする声も、非常に多いみたいです。 というのは、進学塾になど行かせないで幼い子供は縛り付けないで育てるべきであって、勉強を早期に詰め込むべきではないというのです。 そしてそんなに小さいうちから進学塾に通うことは、子供の健全な発達の妨げとなってしまい、かえって子供の将来に悪影響だという意見です。


そこで思うに、進学塾の存在それ自体についての「善か悪か」という議論をしても、それは仕方がないことなのではないでしょうか。 重要なことはその子の個性を親がしっかり見て、進学塾との関わり方をきちんと決め、どう利用するのかを考えるべきなのです。 結局、進学塾の「メリット」を最大限にうまく生かせるかどうかについては、それぞれの親の力量に大きくかかっているといえるのです。

大学受験続きを読む
posted by jyuichi at 15:08| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学受験と教師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年04月19日

勉強と思うからつらい英語

英会話を学習するのに、年齢制限はなく、小さい子供から定年退職した大人まで、皆が楽しんで学習しているということは、この人気の高さを裏付けるというものです。 いろいろな年齢層、職業層のニーズに応え、今や駅前やショッピング・センター街など、さまざまなところに英会話学校が建設され、会社帰り、買い物ついでに気軽に通えるようになっています。 日本人がこれほどまでに、英会話習得に熱心になる裏には、いったいどういう事情があるのでしょうか。



では、みんなが通う人気の英会話学校に通えば、すぐに英会話が上達するようになるのかと言えば、それほど簡単に結果はついてくるものではありません。 会話とは意思疎通の手段であるため、これを使って話す自分の意見をしっかり持たなくては英会話に限らず、日本語会話も楽しむこととができません。 何を話したいかという目的がなく、ただ英会話ができるようになりたいというのでは、英会話の早期向上は望めないことは確かです。


続きを読む
posted by jyuichi at 08:41 | 兵庫 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 大学受験と英語
2008年04月04日

一流大学目指して小学生から進学塾

昔から、わが国で親たちの進学塾への「期待」がきわめて高いという点については、今でもまったく変わらないといえます。 親が、わが子を小さいうちから進学塾にしっかりと通わせるという行為は、ずっと以前から、すでに日常化していることです。 というわけで、たくさんの小学生たちを相手にして中学受験の対策をする進学塾も多く、かなりのにぎわいを見せています。



ですが、「そんなに幼い頃から進学塾に通わせないほうが将来子供のためになるのだ」とする声も、非常に多いみたいです。 というのは、進学塾になど行かせないで幼い子供は縛り付けないで育てるべきであって、勉強を早期に詰め込むべきではないというのです。 そしてそんなに小さいうちから進学塾に通うことは、子供の健全な発達の妨げとなってしまい、かえって子供の将来に悪影響だという意見です。


そこで思うに、進学塾の存在それ自体についての「善か悪か」という議論をしても、それは仕方がないことなのではないでしょうか。 重要なことはその子の個性を親がしっかり見て、進学塾との関わり方をきちんと決め、どう利用するのかを考えるべきなのです。 結局、進学塾の「メリット」を最大限にうまく生かせるかどうかについては、それぞれの親の力量に大きくかかっているといえるのです。

大学受験続きを読む
posted by jyuichi at 15:08 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 大学受験と教師

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。