英語に慣れるために ゆとりを追い求めて

2007年09月26日

英語に慣れるために

昨今、注目されている子どもの「早期英語教育」。それはどのようなものなのでしょう? 「早期英語教育」とは、幼少時、特に2歳頃から英語に触れさせ、ネイティブと同じくらいの語学力を身につけさせる教育のことです。 「早期英語教育」は語学力だけでなく、表現力や積極性が早くから開花されるという利点もあります。



早期英語教育」は、生活の中に自然な形で英語を取り入れること。いわば「第二の母国語」のように、英語に触れさせることです。日本人の赤ちゃんは、普通に暮らす中で自然に日本語を覚えますよね?それと同じです。 普段の暮らしの中にあたりまえに英語があれば、赤ちゃんは、日本語を覚えるのと同じように英語も無理なく学習することができるのです。 プレスクールなどの「早期英語教育」プログラムは、半日あるいは一日のカリキュラムの中に英語の遊びを取り入れ、子どもたちに楽しく過ごさせながら、自然に英語を身につけさせるというものが多いです。


早期英語教育って英才教育だと思ってた。でも違うのね」という人が多いのです。あなたの誤解も解けましたか? 子どもに無理なく英語を身につけさせる近道──それが「早期英語教育」です。 「早期英語教育」に興味を持っていただけましたか?

ラベル:英語教育 幼児
posted by jyuichi at 18:53| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学受験と英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
2007年09月26日

英語に慣れるために

昨今、注目されている子どもの「早期英語教育」。それはどのようなものなのでしょう? 「早期英語教育」とは、幼少時、特に2歳頃から英語に触れさせ、ネイティブと同じくらいの語学力を身につけさせる教育のことです。 「早期英語教育」は語学力だけでなく、表現力や積極性が早くから開花されるという利点もあります。



早期英語教育」は、生活の中に自然な形で英語を取り入れること。いわば「第二の母国語」のように、英語に触れさせることです。日本人の赤ちゃんは、普通に暮らす中で自然に日本語を覚えますよね?それと同じです。 普段の暮らしの中にあたりまえに英語があれば、赤ちゃんは、日本語を覚えるのと同じように英語も無理なく学習することができるのです。 プレスクールなどの「早期英語教育」プログラムは、半日あるいは一日のカリキュラムの中に英語の遊びを取り入れ、子どもたちに楽しく過ごさせながら、自然に英語を身につけさせるというものが多いです。


早期英語教育って英才教育だと思ってた。でも違うのね」という人が多いのです。あなたの誤解も解けましたか? 子どもに無理なく英語を身につけさせる近道──それが「早期英語教育」です。 「早期英語教育」に興味を持っていただけましたか?

posted by jyuichi at 18:53 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 大学受験と英語
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。