交換留学枠 ゆとりを追い求めて

2007年11月26日

交換留学枠

現在は留学にもいろいろな形があります。大学生の場合だと、大学が提携している姉妹校へ留学する「交換留学」と、大学を休学して行く「私費留学」という形があります。有名な。交換留学の場合だと、日本の大学にも学籍をおきつつ、現地の大学にも学籍を置くパターンになっています。


「交換留学」のメリット・デメリット、「私費留学」のメリット・デメリットをしっかり見極め、自分に合った方を選びましょう。どこの国、どこの大学に留学するか、学費、旅費、生活費のことなども、しっかり考えて準備しましょう。


「交換留学」のメリットを挙げてみると、単位換算ができること、現地の大学には入学金を納める必要がないこと、そして日本の大学を4年で卒業できる可能性があることなどがあります。更に現地の大学で専門的な授業を受けられることもメリットと言えますね。


逆に「交換留学」のデメリットとしては、留学地の候補が制限されることや、単位を取らなければならないので、自由な時間が少ないということもあるので、その点をよく踏まえて、充実した留学生活となるよう、出発前にはしっかりと先のことを決めておきましょう。

posted by jyuichi at 18:08| 兵庫 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
2007年11月26日

交換留学枠

現在は留学にもいろいろな形があります。大学生の場合だと、大学が提携している姉妹校へ留学する「交換留学」と、大学を休学して行く「私費留学」という形があります。有名な。交換留学の場合だと、日本の大学にも学籍をおきつつ、現地の大学にも学籍を置くパターンになっています。


「交換留学」のメリット・デメリット、「私費留学」のメリット・デメリットをしっかり見極め、自分に合った方を選びましょう。どこの国、どこの大学に留学するか、学費、旅費、生活費のことなども、しっかり考えて準備しましょう。


「交換留学」のメリットを挙げてみると、単位換算ができること、現地の大学には入学金を納める必要がないこと、そして日本の大学を4年で卒業できる可能性があることなどがあります。更に現地の大学で専門的な授業を受けられることもメリットと言えますね。


逆に「交換留学」のデメリットとしては、留学地の候補が制限されることや、単位を取らなければならないので、自由な時間が少ないということもあるので、その点をよく踏まえて、充実した留学生活となるよう、出発前にはしっかりと先のことを決めておきましょう。

posted by jyuichi at 18:08 | 兵庫 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英会話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。