一流大学目指して小学生から進学塾 ゆとりを追い求めて

2008年04月04日

一流大学目指して小学生から進学塾

昔から、わが国で親たちの進学塾への「期待」がきわめて高いという点については、今でもまったく変わらないといえます。 親が、わが子を小さいうちから進学塾にしっかりと通わせるという行為は、ずっと以前から、すでに日常化していることです。 というわけで、たくさんの小学生たちを相手にして中学受験の対策をする進学塾も多く、かなりのにぎわいを見せています。



ですが、「そんなに幼い頃から進学塾に通わせないほうが将来子供のためになるのだ」とする声も、非常に多いみたいです。 というのは、進学塾になど行かせないで幼い子供は縛り付けないで育てるべきであって、勉強を早期に詰め込むべきではないというのです。 そしてそんなに小さいうちから進学塾に通うことは、子供の健全な発達の妨げとなってしまい、かえって子供の将来に悪影響だという意見です。


そこで思うに、進学塾の存在それ自体についての「善か悪か」という議論をしても、それは仕方がないことなのではないでしょうか。 重要なことはその子の個性を親がしっかり見て、進学塾との関わり方をきちんと決め、どう利用するのかを考えるべきなのです。 結局、進学塾の「メリット」を最大限にうまく生かせるかどうかについては、それぞれの親の力量に大きくかかっているといえるのです。

昔から、わが国で親たちの進学塾への「期待」がきわめて高いという点については、今でもまったく変わらないといえます。 親が、わが子を小さいうちから進学塾にしっかりと通わせるという行為は、ずっと以前から、すでに日常化していることです。 というわけで、たくさんの小学生たちを相手にして中学受験の対策をする進学塾も多く、かなりのにぎわいを見せています。



ですが、「そんなに幼い頃から進学塾に通わせないほうが将来子供のためになるのだ」とする声も、非常に多いみたいです。 というのは、進学塾になど行かせないで幼い子供は縛り付けないで育てるべきであって、勉強を早期に詰め込むべきではないというのです。 そしてそんなに小さいうちから進学塾に通うことは、子供の健全な発達の妨げとなってしまい、かえって子供の将来に悪影響だという意見です。


そこで思うに、進学塾の存在それ自体についての「善か悪か」という議論をしても、それは仕方がないことなのではないでしょうか。 重要なことはその子の個性を親がしっかり見て、進学塾との関わり方をきちんと決め、どう利用するのかを考えるべきなのです。 結局、進学塾の「メリット」を最大限にうまく生かせるかどうかについては、それぞれの親の力量に大きくかかっているといえるのです。

posted by jyuichi at 15:08| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学受験と教師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/92219906
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
2008年04月04日

一流大学目指して小学生から進学塾

昔から、わが国で親たちの進学塾への「期待」がきわめて高いという点については、今でもまったく変わらないといえます。 親が、わが子を小さいうちから進学塾にしっかりと通わせるという行為は、ずっと以前から、すでに日常化していることです。 というわけで、たくさんの小学生たちを相手にして中学受験の対策をする進学塾も多く、かなりのにぎわいを見せています。



ですが、「そんなに幼い頃から進学塾に通わせないほうが将来子供のためになるのだ」とする声も、非常に多いみたいです。 というのは、進学塾になど行かせないで幼い子供は縛り付けないで育てるべきであって、勉強を早期に詰め込むべきではないというのです。 そしてそんなに小さいうちから進学塾に通うことは、子供の健全な発達の妨げとなってしまい、かえって子供の将来に悪影響だという意見です。


そこで思うに、進学塾の存在それ自体についての「善か悪か」という議論をしても、それは仕方がないことなのではないでしょうか。 重要なことはその子の個性を親がしっかり見て、進学塾との関わり方をきちんと決め、どう利用するのかを考えるべきなのです。 結局、進学塾の「メリット」を最大限にうまく生かせるかどうかについては、それぞれの親の力量に大きくかかっているといえるのです。

昔から、わが国で親たちの進学塾への「期待」がきわめて高いという点については、今でもまったく変わらないといえます。 親が、わが子を小さいうちから進学塾にしっかりと通わせるという行為は、ずっと以前から、すでに日常化していることです。 というわけで、たくさんの小学生たちを相手にして中学受験の対策をする進学塾も多く、かなりのにぎわいを見せています。



ですが、「そんなに幼い頃から進学塾に通わせないほうが将来子供のためになるのだ」とする声も、非常に多いみたいです。 というのは、進学塾になど行かせないで幼い子供は縛り付けないで育てるべきであって、勉強を早期に詰め込むべきではないというのです。 そしてそんなに小さいうちから進学塾に通うことは、子供の健全な発達の妨げとなってしまい、かえって子供の将来に悪影響だという意見です。


そこで思うに、進学塾の存在それ自体についての「善か悪か」という議論をしても、それは仕方がないことなのではないでしょうか。 重要なことはその子の個性を親がしっかり見て、進学塾との関わり方をきちんと決め、どう利用するのかを考えるべきなのです。 結局、進学塾の「メリット」を最大限にうまく生かせるかどうかについては、それぞれの親の力量に大きくかかっているといえるのです。

posted by jyuichi at 15:08 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 大学受験と教師
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/92219906
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。