大学受験と教師 ゆとりを追い求めて

2008年04月04日

一流大学目指して小学生から進学塾

昔から、わが国で親たちの進学塾への「期待」がきわめて高いという点については、今でもまったく変わらないといえます。 親が、わが子を小さいうちから進学塾にしっかりと通わせるという行為は、ずっと以前から、すでに日常化していることです。 というわけで、たくさんの小学生たちを相手にして中学受験の対策をする進学塾も多く、かなりのにぎわいを見せています。



ですが、「そんなに幼い頃から進学塾に通わせないほうが将来子供のためになるのだ」とする声も、非常に多いみたいです。 というのは、進学塾になど行かせないで幼い子供は縛り付けないで育てるべきであって、勉強を早期に詰め込むべきではないというのです。 そしてそんなに小さいうちから進学塾に通うことは、子供の健全な発達の妨げとなってしまい、かえって子供の将来に悪影響だという意見です。


そこで思うに、進学塾の存在それ自体についての「善か悪か」という議論をしても、それは仕方がないことなのではないでしょうか。 重要なことはその子の個性を親がしっかり見て、進学塾との関わり方をきちんと決め、どう利用するのかを考えるべきなのです。 結局、進学塾の「メリット」を最大限にうまく生かせるかどうかについては、それぞれの親の力量に大きくかかっているといえるのです。

大学受験続きを読む
posted by jyuichi at 15:08| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学受験と教師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月04日

中国語が世界で一番使用される日も近い?

ひとくちに中国語といっても地方ごとに言葉が違っています。 実にいろいろな方言があります。北京語、上海語、広東語などです。共通して使われる標準中国語が一般的に中国語と呼ばれるものです。 標準中国語は広い中国国内の地方同士の人たちが言葉の伝達に使用します。



アルファベットの発音記号と四声記号をあわせたものをピンインと呼び、中国語文の漢字の下に書いてあります。 ピンインをマスターしないことには中国語を話したり読んだりできません。 中国語学習のポイントはピンインです。


ちゅうごくご続きを読む
posted by jyuichi at 19:59| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学受験と教師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月18日

教師と家庭教師

家庭教師を雇うなんて、とんでもない。家庭教師はお金持ちの家に来るもの。そう考えていた人って、昔は多かったと思います。 そもそも家庭教師は、一般の子供と自分の子供を分けて教育できるように、裕福な親が雇った教師で、優秀な家庭教師は重宝される存在でした。 しかし、今では、家庭教師は特別な存在ではなくなり、誰もが、家庭教師を雇えるような環境になってきました。



さて、家庭教師に勉強を教えてもらった方が、塾へ行くより良さそうだとわかったので、早速、家庭教師をお願いすることにしました。けれども、家庭教師を適当に決めてはいけません。 まずは、家庭教師を子供が気に入ってくれるかどうかということ。わずかな時間とはいえ、嫌いな家庭教師に勉強を教わるのは、子供にとって、かなりの苦痛だと思います。 次に、家庭教師を選ぶポイントとして、気をつけるべきことは、きれいな言葉遣い、きちんとした身なりのできる家庭教師を選ぶといいうことです。


続きを読む
posted by jyuichi at 05:45| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学受験と教師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月10日

偏差値の算出

受験生のあなたが、大学受験の際に志望校を選ぶポイントは何ですか?それぞれの理由があるかと思いますが、あなたにとっての基準はポイントをどこに置きますか?


志望校選びのポイントと言って一番に思いつくのは、やはり偏差値でしょう。自分の学力に見合った大学を探すために、大手の進学塾などでは、毎年、偏差値ランキングを出しており、それが志望校選びの基準となっています。


偏差値ランクには少子化の影響も出ていて、近年、定員割れを起こす私立大学も出ているようです。しかしその一方でランク上位でもある難関大学には人気が集中しています。今後も、難関大学や中堅大学を除けば、大学受験は買い手市場が続くでしょう。


大学側は、教育内容をより一層充実させる努力が必要でしょう。そして受験生は、数ある大学から自分の目的に合った大学を見極める力が求められることになります。

ラベル:模擬試験 偏差値
posted by jyuichi at 21:38| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学受験と教師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月21日

入学試験の意義

ここ数年は、少子化の影響を受けて、受験模様もかなり変わってきています。大学受験者が募集定員と同数になったことで、受験者全員が大学に入学できる時代になると言われています。


そんな時代になると大学サイドも大変です。大学も生き残りをかけて、オープンキャンパスやAO入試等、積極的に受験生に対するサービスやアピールを行うようにしてきています。


続きを読む
ラベル:少子化 Fランク
posted by jyuichi at 13:56| 兵庫 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 大学受験と教師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月04日

ネット経由の家庭教師

家庭教師を雇うなんて、とんでもない。家庭教師はお金持ちの家に来るもの。そう考えていた人って、昔は多かったと思います。 家庭教師は、裕福な親が、自分の子を一般の子供と一緒に勉強させないために雇った教師で、優秀な家庭教師は、どの家からも引っぱりだこでした。 しかし、現代では、誰もが家庭教師を雇えるようになり、家庭教師は特別な存在ではなく、家庭教師は身近なものとなりました。


さて、家庭教師の方が、親にとっても子供にとっても、いい事ずくめのような気がしますが、家庭教師を選ぶのにも、ポイントがあります。 まずは、家庭教師が子供と仲良くやっていける人かどうかということ。初めてやって来た家庭教師を見ただけで、子供が嫌だと言ったら、その家庭教師は止めた方がいいと思います。 次に、家庭教師を選ぶ時に、押さえておきたいポイントは、礼儀正しく、身なりのきちんとしている家庭教師であるかということです。続きを読む
posted by jyuichi at 22:59| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学受験と教師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月02日

英会話を日常に

英会話っていう言葉を聞いただけで、私は英会話なんてできない、英会話なんて全然わからない、と拒否反応を起こす人って多いですよね。 英会話を初めて習った中学の時に、最初は簡単でおもしろかった英会話が、難しくて、つまらない英会話になってしまい、英会話が嫌いになった人もいるでしょう。 また、英会話を勉強し始めた時は、英会話が好きで好きで仕方がなかったのに、英会話の教師の心無い一言から、英会話が大嫌いになってしまった人もいるでしょう。



英会話の勉強をするのに、年齢は関係ありません。英会話を理解した、英会話を学びたい、そう思ったら、早速英会話の勉強を始めましょう。 まず、英会話に対して拒否反応を起こさないように、絶対に、意味がわかる英会話で書かれている本から始めてみましょう。赤ちゃん用の英会話の絵本なんていいですよ。 小さな子向けの英会話の本が読めるようになったら、次は、もう少し難しい英会話に挑戦です。中学生の英会話の教科書が手に入ったら、声を出して、繰り返し英会話の教科書を読んでみましょう。


英会話記事続きを読む
posted by jyuichi at 22:42| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学受験と教師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月21日

志望校の選定

受験の一年間で、志望校選びって一番初めにする肝心なことですよね。あなたはもう志望校が決まりましたか?あなたが志望校を選ぶ決め手、ポイントになるのはどんなところですか?


大学の知名度、教育内容、学部等の充実度、就職実績などたくさんの選ぶポイントがある中で最も多いのは、やはり偏差値でしょう。大手の進学塾などで毎年出している各大学の偏差値ランキング、それが受験生の志望校選びの基準となっています。


続きを読む
posted by jyuichi at 22:42| 兵庫 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学受験と教師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月20日

家庭教師とのフィーリング

昔、家庭教師を身近に感じていたのは少数の人たちだけで、大部分の人たちは、家庭教師とは縁がない、もしくは家庭教師のことすら知りませんでした。 そもそも家庭教師は、裕福な家庭の子が庶民の子と一緒に勉強することがないよう、親が子供に付けた教師で、家庭によっては、多くの家庭教師を雇うところもありました。 しかし、今では、家庭教師は手の届かない存在ではなく、子供に家庭教師を付けたいと思えば、誰でも簡単に家庭教師を雇うことができます。


さて、家庭教師を雇うことに、親も子も異存はないので、家庭教師を選ぶことになったのですが、その際に、押さえとくべきポイントがあります。 まずは、やって来た家庭教師が、自分の子供の好きなタイプか見極めることが大切です。子供が「この家庭教師、嫌!」と言ったら、無理にその家庭教師を雇わない方がいいと思います。 次に、家庭教師を決める時に、注目した方がいいポイントは、きちんとした言葉遣いができ、取ってつけたような尊敬語を使わない家庭教師という点です。


続きを読む
posted by jyuichi at 10:18| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学受験と教師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月19日

買い手市場化の大学受験

受験生にとって、志望校を決めるためにポイントとなることは何でしょうか?いろんな意見があると思いますが、あなたにとって基準はどこにありますか?


偏差値、と言う声が多いのではないでしょうか?大手の進学塾などで、毎年出している各大学の偏差値ランキング、それが受験生の志望校選びの基準となっています。

続きを読む
posted by jyuichi at 07:06| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学受験と教師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月11日

志望校を選ぶ

受験生が最初に決めるのが、志望校。その志望校目指して一年間必死に頑張るのです。人それぞれの理由があると思いますが、あなたにとっての、志望校選びのポイントは何ですか?

ポイントと言っても、たくさんあります。大学の知名度、教育内容、就職実績などが上げられますが、中でも偏差値が一番ではないでしょうか?大手の進学塾などでは、毎年、偏差値ランキングを出しており、それが志望校選びの基準となっています。

 

続きを読む
ラベル:偏差値 受験
posted by jyuichi at 09:57| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学受験と教師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月10日

身近になった家庭教師

家庭教師なんて、縁遠い存在で、家庭教師なんていう言葉すら知らなくて、家庭教師を雇っている家は、自分とは違う世界の人間だと、思っていた人、昔は多かったのではないでしょうか。 元々、家庭教師は、学校へ行くことのない深窓の令嬢や子息のために用意された先生で、彼らは学校で勉強をする代わりに、家庭教師から、学校で学ぶ以上のことを学んだのです。 しかし、昨今は、家庭教師は以前ほど特別な存在ではなくなり、ちょっと余計にお金を払えば、簡単に家庭教師を雇えるようになりました。 続きを読む
posted by jyuichi at 10:17| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学受験と教師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年04月04日

一流大学目指して小学生から進学塾

昔から、わが国で親たちの進学塾への「期待」がきわめて高いという点については、今でもまったく変わらないといえます。 親が、わが子を小さいうちから進学塾にしっかりと通わせるという行為は、ずっと以前から、すでに日常化していることです。 というわけで、たくさんの小学生たちを相手にして中学受験の対策をする進学塾も多く、かなりのにぎわいを見せています。



ですが、「そんなに幼い頃から進学塾に通わせないほうが将来子供のためになるのだ」とする声も、非常に多いみたいです。 というのは、進学塾になど行かせないで幼い子供は縛り付けないで育てるべきであって、勉強を早期に詰め込むべきではないというのです。 そしてそんなに小さいうちから進学塾に通うことは、子供の健全な発達の妨げとなってしまい、かえって子供の将来に悪影響だという意見です。


そこで思うに、進学塾の存在それ自体についての「善か悪か」という議論をしても、それは仕方がないことなのではないでしょうか。 重要なことはその子の個性を親がしっかり見て、進学塾との関わり方をきちんと決め、どう利用するのかを考えるべきなのです。 結局、進学塾の「メリット」を最大限にうまく生かせるかどうかについては、それぞれの親の力量に大きくかかっているといえるのです。

大学受験続きを読む
posted by jyuichi at 15:08 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 大学受験と教師
2008年02月04日

中国語が世界で一番使用される日も近い?

ひとくちに中国語といっても地方ごとに言葉が違っています。 実にいろいろな方言があります。北京語、上海語、広東語などです。共通して使われる標準中国語が一般的に中国語と呼ばれるものです。 標準中国語は広い中国国内の地方同士の人たちが言葉の伝達に使用します。



アルファベットの発音記号と四声記号をあわせたものをピンインと呼び、中国語文の漢字の下に書いてあります。 ピンインをマスターしないことには中国語を話したり読んだりできません。 中国語学習のポイントはピンインです。


ちゅうごくご続きを読む
posted by jyuichi at 19:59 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 大学受験と教師
2007年10月18日

教師と家庭教師

家庭教師を雇うなんて、とんでもない。家庭教師はお金持ちの家に来るもの。そう考えていた人って、昔は多かったと思います。 そもそも家庭教師は、一般の子供と自分の子供を分けて教育できるように、裕福な親が雇った教師で、優秀な家庭教師は重宝される存在でした。 しかし、今では、家庭教師は特別な存在ではなくなり、誰もが、家庭教師を雇えるような環境になってきました。



さて、家庭教師に勉強を教えてもらった方が、塾へ行くより良さそうだとわかったので、早速、家庭教師をお願いすることにしました。けれども、家庭教師を適当に決めてはいけません。 まずは、家庭教師を子供が気に入ってくれるかどうかということ。わずかな時間とはいえ、嫌いな家庭教師に勉強を教わるのは、子供にとって、かなりの苦痛だと思います。 次に、家庭教師を選ぶポイントとして、気をつけるべきことは、きれいな言葉遣い、きちんとした身なりのできる家庭教師を選ぶといいうことです。


続きを読む
posted by jyuichi at 05:45 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 大学受験と教師
2007年10月10日

偏差値の算出

受験生のあなたが、大学受験の際に志望校を選ぶポイントは何ですか?それぞれの理由があるかと思いますが、あなたにとっての基準はポイントをどこに置きますか?


志望校選びのポイントと言って一番に思いつくのは、やはり偏差値でしょう。自分の学力に見合った大学を探すために、大手の進学塾などでは、毎年、偏差値ランキングを出しており、それが志望校選びの基準となっています。


偏差値ランクには少子化の影響も出ていて、近年、定員割れを起こす私立大学も出ているようです。しかしその一方でランク上位でもある難関大学には人気が集中しています。今後も、難関大学や中堅大学を除けば、大学受験は買い手市場が続くでしょう。


大学側は、教育内容をより一層充実させる努力が必要でしょう。そして受験生は、数ある大学から自分の目的に合った大学を見極める力が求められることになります。

posted by jyuichi at 21:38 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 大学受験と教師
2007年08月21日

入学試験の意義

ここ数年は、少子化の影響を受けて、受験模様もかなり変わってきています。大学受験者が募集定員と同数になったことで、受験者全員が大学に入学できる時代になると言われています。


そんな時代になると大学サイドも大変です。大学も生き残りをかけて、オープンキャンパスやAO入試等、積極的に受験生に対するサービスやアピールを行うようにしてきています。


続きを読む
posted by jyuichi at 13:56 | 兵庫 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | 大学受験と教師
2007年08月04日

ネット経由の家庭教師

家庭教師を雇うなんて、とんでもない。家庭教師はお金持ちの家に来るもの。そう考えていた人って、昔は多かったと思います。 家庭教師は、裕福な親が、自分の子を一般の子供と一緒に勉強させないために雇った教師で、優秀な家庭教師は、どの家からも引っぱりだこでした。 しかし、現代では、誰もが家庭教師を雇えるようになり、家庭教師は特別な存在ではなく、家庭教師は身近なものとなりました。


さて、家庭教師の方が、親にとっても子供にとっても、いい事ずくめのような気がしますが、家庭教師を選ぶのにも、ポイントがあります。 まずは、家庭教師が子供と仲良くやっていける人かどうかということ。初めてやって来た家庭教師を見ただけで、子供が嫌だと言ったら、その家庭教師は止めた方がいいと思います。 次に、家庭教師を選ぶ時に、押さえておきたいポイントは、礼儀正しく、身なりのきちんとしている家庭教師であるかということです。続きを読む
posted by jyuichi at 22:59 | 兵庫 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 大学受験と教師
2007年08月02日

英会話を日常に

英会話っていう言葉を聞いただけで、私は英会話なんてできない、英会話なんて全然わからない、と拒否反応を起こす人って多いですよね。 英会話を初めて習った中学の時に、最初は簡単でおもしろかった英会話が、難しくて、つまらない英会話になってしまい、英会話が嫌いになった人もいるでしょう。 また、英会話を勉強し始めた時は、英会話が好きで好きで仕方がなかったのに、英会話の教師の心無い一言から、英会話が大嫌いになってしまった人もいるでしょう。



英会話の勉強をするのに、年齢は関係ありません。英会話を理解した、英会話を学びたい、そう思ったら、早速英会話の勉強を始めましょう。 まず、英会話に対して拒否反応を起こさないように、絶対に、意味がわかる英会話で書かれている本から始めてみましょう。赤ちゃん用の英会話の絵本なんていいですよ。 小さな子向けの英会話の本が読めるようになったら、次は、もう少し難しい英会話に挑戦です。中学生の英会話の教科書が手に入ったら、声を出して、繰り返し英会話の教科書を読んでみましょう。


英会話記事続きを読む
posted by jyuichi at 22:42 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 大学受験と教師
2007年07月21日

志望校の選定

受験の一年間で、志望校選びって一番初めにする肝心なことですよね。あなたはもう志望校が決まりましたか?あなたが志望校を選ぶ決め手、ポイントになるのはどんなところですか?


大学の知名度、教育内容、学部等の充実度、就職実績などたくさんの選ぶポイントがある中で最も多いのは、やはり偏差値でしょう。大手の進学塾などで毎年出している各大学の偏差値ランキング、それが受験生の志望校選びの基準となっています。


続きを読む
posted by jyuichi at 22:42 | 兵庫 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大学受験と教師
2007年07月20日

家庭教師とのフィーリング

昔、家庭教師を身近に感じていたのは少数の人たちだけで、大部分の人たちは、家庭教師とは縁がない、もしくは家庭教師のことすら知りませんでした。 そもそも家庭教師は、裕福な家庭の子が庶民の子と一緒に勉強することがないよう、親が子供に付けた教師で、家庭によっては、多くの家庭教師を雇うところもありました。 しかし、今では、家庭教師は手の届かない存在ではなく、子供に家庭教師を付けたいと思えば、誰でも簡単に家庭教師を雇うことができます。


さて、家庭教師を雇うことに、親も子も異存はないので、家庭教師を選ぶことになったのですが、その際に、押さえとくべきポイントがあります。 まずは、やって来た家庭教師が、自分の子供の好きなタイプか見極めることが大切です。子供が「この家庭教師、嫌!」と言ったら、無理にその家庭教師を雇わない方がいいと思います。 次に、家庭教師を決める時に、注目した方がいいポイントは、きちんとした言葉遣いができ、取ってつけたような尊敬語を使わない家庭教師という点です。


続きを読む
posted by jyuichi at 10:18 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 大学受験と教師
2007年07月19日

買い手市場化の大学受験

受験生にとって、志望校を決めるためにポイントとなることは何でしょうか?いろんな意見があると思いますが、あなたにとって基準はどこにありますか?


偏差値、と言う声が多いのではないでしょうか?大手の進学塾などで、毎年出している各大学の偏差値ランキング、それが受験生の志望校選びの基準となっています。

続きを読む
posted by jyuichi at 07:06 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 大学受験と教師
2007年07月11日

志望校を選ぶ

受験生が最初に決めるのが、志望校。その志望校目指して一年間必死に頑張るのです。人それぞれの理由があると思いますが、あなたにとっての、志望校選びのポイントは何ですか?

ポイントと言っても、たくさんあります。大学の知名度、教育内容、就職実績などが上げられますが、中でも偏差値が一番ではないでしょうか?大手の進学塾などでは、毎年、偏差値ランキングを出しており、それが志望校選びの基準となっています。

 

続きを読む
posted by jyuichi at 09:57 | 兵庫 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 大学受験と教師
2007年07月10日

身近になった家庭教師

家庭教師なんて、縁遠い存在で、家庭教師なんていう言葉すら知らなくて、家庭教師を雇っている家は、自分とは違う世界の人間だと、思っていた人、昔は多かったのではないでしょうか。 元々、家庭教師は、学校へ行くことのない深窓の令嬢や子息のために用意された先生で、彼らは学校で勉強をする代わりに、家庭教師から、学校で学ぶ以上のことを学んだのです。 しかし、昨今は、家庭教師は以前ほど特別な存在ではなくなり、ちょっと余計にお金を払えば、簡単に家庭教師を雇えるようになりました。 続きを読む
posted by jyuichi at 10:17 | 兵庫 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 大学受験と教師

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。